FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士論文 

今年も博士論文提出期限が近づいている。

私の研究室の後輩も頑張ってはく博士論文作製にいそしんでいる。
博士研究者としてやっていくためには必須であるため、大変だと思うが是非とも頑張って取得してもらいたい。
博士論文を書くことは大変勉強になる。
具体的には、
研究の背景
研究の論理的展開
・新しい概念の創出
などを一人の力で考え、文章化しなくてはならない。

書いた後に読み返してみるとなかなか恥ずかしいモノであるが、忘れた頃に読んでみると新鮮な気持ちや、科学に対する情熱がよみがえってくる様な気がする。

博士論文は英語で書く場合と日本語で書く場合があるが、文章や構成の勉強という意味では日本語で書いた方が良いと思う。
英語では内容よりも英作文自体に労力を奪われてしまうからだ。
もちろん英語で書けば、海外のポスドクを志望した場合に投稿論文以外に学生時代に行った研究の流れや論文化できなかった話などを盛り込んだ博士論文を相手教授に渡すことができるというメリットもある。

博士論文を書いている本人達にはつらい時間帯かもしれないが、皆通る道なので頑張って欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ftsz.blog52.fc2.com/tb.php/80-35fcbac6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。