FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業の情報 

企業の情報は末端に入ってこないことが多い。

例えば、他社を買収する話とか大きな事故の話など、株価に影響しそうな話は世間よりも入ってこない。新聞やWebニュースで知って驚くことが多い。

これはインサイダー取引を防止するためで、案外下っ端の企業人は企業全体が見渡せるような特に運営に関わる情報を与えられておらず、外部の人間の方がよく知っている。

一方で研究所にいると、同期間や近い年代の先輩後輩から開発している薬や製品などの情報がちらちら聞こえてくる。研究所での情報の流れは双方向であり、そこから新たなアイディアが生まれることもしばしばで、大学とは違った研究のおもしろさ、感動がある。

このように人とのつながりは重要で企業が面接においてコミュニケーション力を重要視するのは納得である。また、組合活動や研究所内イベントなどで全く異なる研究分野の人と知り合いになることも重要である。

大学よりも企業で働く方が積極的に人に会いに行くという力が必要なのかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ftsz.blog52.fc2.com/tb.php/59-14e86825

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。