FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の就職について 

昨日、学位取得者の就職について考えたら、数年前自分が就職をしたときのことを思い出した。
今回はそのことを覚え書き程度に書いてみる。
まず、私は生物系の博士号を持っている。
そして今は企業で研究開発を行っている。

今までいくつかの公共機関で研究をしてきたが、その過程で達した結論の一つに、
大学や公共機関の研究室に残ったとしても好きな研究をすることは難しい
というのがある。
大学にしても公共機関にしても、各研究室のボスが立ち上げたプロジェクトの内容に沿って研究活動を行っており、その自由度の中で自分のやりたい研究をやっていくというのがポスドクの研究活動の主流であると思う。
本当にやりたい研究をやるには、自分で予算を獲得して、予算と結果に対して説明責任を負って行う必要がある。ポスドクというポジションでそこまでやれる人材は皆無と言っていいだろう。

また、
新しい概念を生みだそうとする真の意味での基礎的研究を行える研究室が少ない
とも感じた。大学や公的機関の研究室の多くは誰かが生み出した概念の上に乗っかり研究推進していることが多い。世界にまだ存在していない概念を生み出す努力をしない基礎研究は、商品化・ビジネス化を目的とした企業で行われている基礎研究とあまり違いが無いのではないかと考えるようになった。

それならば、企業で研究を行う方がよほど刺激的で、研究に没頭出来ると思ったのだ。企業でならば、自分の研究成果をいかにビジネスに結びつけるかを学べると思ったのだ。それはすなわち社会が欲している研究とは何かを考え、実践できる能力が身につけられると期待したともいえる。

そんな経緯で大学に残るよりも、企業に出て研究をしたいと希望するようになった。
実際入ってみると問題点も見えてきたのだが、想像していた以上に民間でも基礎研究に携われるチャンスもあるということが分かった。

企業が求めている研究者像と大学によって教育され大学の研究に従事する研究者像は実際かなりかけ離れているが、運が良ければ、企業の現場においても大学に残るよりも好条件で好きな研究ができるチャンスがある。

もし、公的機関で行き詰まりを感じているのならば思い切って民間にアプローチをしてみるのも良いかもしれない



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ftsz.blog52.fc2.com/tb.php/3-1a16fab7

続・研究テーマを継続できるのか

私が先日書いた記事で、研究テーマを継続できるのかということについて考えてみましたが、Chaos of breastsさんの記事で既に同様のことが触れられていました。博士号取得の後、実際に民間企業の研究職で働いて働いておられる方の言葉には説得力があります。
  • [2007/02/06 09:37]
  • URL |
  • 博士の悩める数式 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。