FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士課程の就職 

MSNの理系白書を見る。
なにやら日本の企業や大学で海外(なぜかアジア系)の優秀な理系の学生を受け入れようみたいな内容。それでは、本当に海外の学生を受け入れる事は日本にとって良いことなのだろうか?
受け入られる学生の立場と受け入れる日本側とで考えてみたい。

学生の立場から考えるならば、まずアメリカやヨーロッパの学生はほとんど日本には来ないだろう。なぜならば、
1. 欧米の方が科学のメインストリームであるわざわざ科学後進国と考えられる。日本には大学院やポスドク、社員としては来ない。彼らは日本で多くを学べるとは考えないだろう。
2. 言語の壁、距離的な問題。
科学の世界で主導権を握っている訳でもない日本に、わざわざ日本語を勉強し、さらに欧米から距離的に遠い日本に来る価値を見出すことは難しい。
といった理由が考えられる。

ではアジアの優秀な学生に取って日本は魅力的だろうか?
欧米の学生を採用する場合と同じく、言語の問題は大きいと思うが、他のアジア諸国に比べ日本の科学技術はレベルが高く、アジアの学生ならば奨学金を出せば日本に来てくれるかもしれない。日本で研究を行うことで、アジア的な考え方で、新しい科学的概念を生み出してくれる可能性が期待出来そうだ。

つまり、現状では、アジアの学生ならば来てくれるかもしれない。
しかしながら、アジアのみで科学ネットワークを作ったところで、欧米の科学ネットワークに対抗できるのだろうか?所詮、欧米の後追い研究になってしまい、いつまで経っても日本が科学の世界でイニシアチブをとることはできないのではと思ってしまう。できることならば欧米の学生とももっとコミュニケーションをとれる土壌が日本には必要である。

余談だが、他国の学生を育てるために奨学金を出すくらいならば、日本の優秀な学生にもっと金を出してやれよと本音では思う。日本学生支援機構のあり方などひどいモノだ。

続いて、海外の学生を受け入れる側の日本ではどうだろうか?
率直に言って海外の学生を受け入れる土壌はまだできていないようにみえる。

まず、日本の科学風土には大きな問題がある。
日本の大学院は教育機関としてはうまく機能していないことが多い。大学院重点化によって学生を多く受け入れる様になったが、実質学校側の運営が大きく変化したわけではなく、対応しきれていない。実際、学生の教育はラボの教授に一任されていることが多く、学生を育てることに優秀な教授のラボならばハッピーだが、そうでない教授のラボでは悲惨な学生生活を送ることになるだろう。

また、今後の科学界の方向性を変えていくようなオリジナリティーのある研究を行っているラボが少ないのも問題だ。このままではいつまで経っても欧米で立ち上がった新しい研究を掘り下げる研究しかできないラボが多く存在してしまう。新しい研究を立ち上げることができないから、いつまでも科学界のメインストリームになることができず、優秀な学生が日本に来るメリットが少なくなってしまう。

続いて、せっかく学位を取った学生を(日本の学生ですら)社会が受け入れる土壌がまだできていない。まず、学位を取った段階で、アカデミアに残るか、企業に就職するかを迫られる。アカデミアに残った場合、ポスドクか助手になることが多いが、ポスドクは4, 5年の任期付きで、その後にポストに就ける保障もない。助手のポストは大学法人化などを任期付きである場合が多いしポストの空きも少ない。そして一番問題なのが、ポストに就くためには所属しているラボのボスの影響力を無視することができない事が多いことである。つまり、未だ大学が教授によって将来の方向が左右されやすい土壌にある。
企業に就職することはポスドクにつくことよりも狭き門である。
まず、なかなか採用を募集していない。以前よりも採用枠は増加しているが、それ以上に学位取得者の数が増加している。

つまり、海外の学生を受け入れるといったところで、アジアの学生しか来てもらえず、更に教育する土壌も整っていないことになる。このままでは日本の科学力がアップすることもあまり期待出来ず、現場が混乱するだけである。
まずは、少なくとも日本の学生をどう育て社会にどのように貢献させるかを学生ばかりでなく大学や企業そして国が考えることが先決ではないだろうか?
スポンサーサイト

コメント

博士の就職

私も理系のポスドクです。
単年契約ですから今から来年のことを心配せねばならず、大変です。
日本の大学はもう駄目なのでしょうか。。

>sasuraimusubi様
単年契約のポスドクですか・・・
大変ですね。

雇用側としては良ければ契約続行で気に入らなければすぐに切れると言うことでしょうか?
そんな状況は、普通の会社では非難を浴びるでしょうが、研究の世界では非難が表だって出てきません。

海外のラボはあまり知りませんが、少なくとも日本のラボは中小企業みたいな状況でボスの力が強すぎて、弱い者にしわ寄せが来るのは問題だと思います。
ポスドクが団結出来る機構でもあればよいのですが・・・

次に良いポストが見つかると良いですね。
頑張って下さい!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ftsz.blog52.fc2.com/tb.php/2-cc179215

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。