FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史 

最近歴史を勉強している。
勉強と言っても大したことはしていないが、歴史はおもしろい。

徳川家康が江戸を造った時のコンセプトや人員配置などは大変興味深いと共に勉強になる。

歳をとった方が歴史から学ぶことが多いかもしれない。
会社や社会の仕組みの根底にあるモノは今も昔も変わらないのかもしれない。

スポンサーサイト

来年度のこと 

来年度のことは現時点では一切分からない。
ミクロに見てみると会社でも来年度研究を続けられるかどうかという不安感はある。



続きを読む

他部署の先輩と飲む 

営業の先輩との飲み会があった。
営業という視点から会社のあり方を話してくれた。

研究者として見ていた会社という存在と同じ見方ができる所もあり、違う見方ができる所もあった。

共通している認識を掘り下げてもおもしろいし、異なっている認識を掘り下げてもおもしろいと思う。

詳細は(機会があれば)後日論じてみたいが、せっかく会社という様々な考え方やキャリアを持つ人間が所属している組織にいるのだから、縦横関わらず色んな考え方の人物と話してみることは大切であるし、話せるチャンスがあれば積極的に話に参加したい。

報告書を出すのが厳しい 

今月も月次報告を書かなくてはならない時期に近づいている。
今月は全く実験がうまくいっていない。実験の方もイマイチだし、他の研究所での実験も装置の故障なのですることすらできなかった。

こんな月もあるのだが、報告書を書くのはつらい。
うまくいっていない時は意外に上司は優しい。
うまくいっている時の方が厳しい指摘を受けることがある。

頑張って来週からも頑張らなくてはと思う。

職務発明届 

企業では特許を書くと同時に、職務発明届を提出する。

この書類を提出する理由の一つがその特許にどれだけの人員がどれだけの寄与率で関与したかを明確にしておくことである。

続きを読む

せっかく書いたエントリが消えました・・・ 

書き直そうと思うけど、今日はそんな気力がもう無いです。
最近、実験も停滞気味で良くないときには良くないことがつながるものだと思います。


職の安定性 

企業の研究職も不安定になるかもしれない。
先の記事のように、国際競争力確保のために人件費を削ったり、退職しやすくしたりすることによって、企業の研究者も将来的に、現在のポスドクが置かれている状況に近くなるかもしれない。


国際競争力 

ホワイトカラー・エグゼンプションについて上司と話す機会があった。
お酒を飲みながらだったのであまり反論出来なかったが、一労働者としてこの法案には賛成できない。
続きを読む

結果-利益 

好きな研究をやって、学術的にすごい結果が出て、それがすぐさま莫大な利益を生み出せば幸せなのだが、なかなかそううまくはいかない。

現実には学術的におもしろい結果と利益との間には大きな溝がある。
続きを読む

おみやげ 

この時期は帰省や旅行のおみやげが部署の居室に溢れます。
様々な地方や国のお菓子を食べられてとても良いです。

社会人に成り立ての頃は、お土産を買ってくるとか、年始の挨拶をするとかいった形式的なことをキチンとやっている人が多いと感心したのを思い出しました。

最低限のことをそつなくこなすと言うのも重要なのかもしれません。

帰国 

帰国しました。

今回は時差の少ない国に行ったのであまりストレス無く旅行を楽しめたのですが、やはり日本に帰ってくると疲れを感じます。

自動更新はうまくいっていたみたいで安心しました。また来週から時間を見つけて更新したいと思います。

研究職へのリクルートについて (2) 

前回に引き続いて、研究職へのリクルートにおける研究プレゼンテーションについて記述してみる。

まず、なぜリクルートでプレゼンテーションをさせられるのだろうか?
続きを読む

研究職へのリクルートについて (1) 

コメント欄に希望のあった研究職へのリクルートにおける筆記試験、webテストなどの重要性について考えてみる。

博士課程の学生の就職活動において筆記試験等はどれほど重要なのだろうか?

※下記は私の経験に基づいており、すべての会社に当てはまるものではない。
続きを読む

謹賀新年 

あけましておめでとうございます

今年は、自分の専門以外の分野とくに生物学以外の分野の勉強を強いたいと思っております。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。